人気が高まっているボトックス注射|施術前に副作用のリスクを知ろう

医者
  1. ホーム
  2. シワを解消するための方法

シワを解消するための方法

カウンセリング

メス不使用のシワの解消法

加齢や表情癖が原因でシワが顔に固定されてしまうことがありますが、メスを使わない美容整形方法があります。それはボツリヌス菌をシワが気になる部分に注入する美容方法で、筋肉と神経が結合した部分にボトックスを注入する施術法です。シワがある部分の筋肉の収縮が抑えられるため、部分的に筋肉の動きが弱くなっていきますので、これによって表情ジワなどを改善していくことができるでしょう。表情ジワは、目尻や眉間などに出来やすく、笑ったり、怒ったりすると、表情筋が収縮されることによって出来ていきます。こうしたボトックス菌を使用した治療については、海外だけでなく日本でも定着化しており、実際に利用されている方も多くいらっしゃることでしょう。しかしながら、ボトックスを身体に注入するので、副作用があるかどうかについてご心配される方も多いのではないでしょうか。ボトックス注射はボツリヌス菌毒素を皮膚に注入していきますが、この菌は食中毒の原因菌ですが、治療に使われるのは、毒性を排除したタンパク質であるため安全です。そのため副作用に関してはほとんど心配がないのですが、注入量が多すぎたり、注入する医師の腕によって副作用が起こる場合もありますので、注意が必要な場合もあります。ボトックス注射の副作用は施術を行う医師の腕次第で起こる場合もありますので、施術を受ける際はクリニック選びにも注意が必要でしょう。具体的な副作用には、ボトックス注射の効果が強く現れすぎてしまい、注入した部分の筋肉が低下することによって起こる局所顔面神経麻痺があります。副作用には、顔の表情が作りにくくなるため、顔面が引き攣った表情になってしまうことや、瞼や眉毛が下がってしまう場合もあるでしょう。軽い副作用には頭痛や違和感があり、これは顔の筋肉が動かなくなることによっていつもと同じ表情ができなくなるからですが、時間の経過とともに解消されていきます。痛みや内出血などの副作用が出た場合は、軽いものであれば痛みは冷やすと和らぎますし、内出血は1週間ほどで引いていきます。ボトックス注射はアレルギーがほとんどないと言われていますが、ごくまれですがアレルギー反応が出るなどの副作用が出るケースもあるようです。ボトックス注射施術を受ける場合は、クリニック選びにも気をつけ、出来るだけ施術件数の多い、技術力の高い医師がいるクリニックを選びましょう。施術を行う前には、しっかりとクリニックの下調べを行うと共に、クリニックの評判を調べるようにしましょう。クリニックの多くが、カウンセリングを行っていますので、どのような施術法を行っているのか、信頼できる医師かどうかなどをしっかりと見極めておきましょう。他にも使用する製剤はどのようなものを使っているかどうか、品質の高い製剤を使っているかどうかも調べておきましょう。ボトックス注射は一度注入した後は、効果が継続するものではなく、4ヶ月から半年ぐらい効果が継続していきますので、定期的にケアをする必要があります。クリニックとは長い付き合いになっていきますので、技術力が高いのはもちろんのこと医師との相性、スタッフの対応がよく通いやすいかどうかも重要なポイントでしょう。