人気が高まっているボトックス注射|施術前に副作用のリスクを知ろう

医者
  1. ホーム
  2. 真剣に望む治療

真剣に望む治療

女性

情報を集める事

ボトックスとは、額や目尻に顔に刻まれた深いシワを解消するために、強力な食中毒の原因菌の一つ、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質です。これを目的の部分に注射することによって筋肉をリラックスさせて、「動く」ことを抑制してシワを目立たせなくする治療がボトックス注射です。これは、美容治療の一つであり、治療を行うためには、注射という医療行為と専門知識を必要とするため、受ける側も医療機関を慎重に選ぶ必要があります。効果としては、シワの改善のほか、小顔にしたり多汗症を改善したりする等、多岐に亘ります。このように、嬉しい結果を得られるボトックス注射ですが、治療である以上ある程度の副作用もあります。一般的な副作用としては、顔の筋肉の動きを抑制させるため、表情が作りにくくなって、自分でも違和感を覚えるほか、相手に意思が伝わりにくく、場合によっては誤解を与えてしまう事にもなりかねません。筋肉は個人によって性質に差があるため、消したいシワの場所が同じであっても、注入する薬剤の量や場所が異なります。次に代表的な副作用は、「スポックブロー」と呼ばれるもので、眉毛の外側が過度に吊上がった状態になり特徴的な眉になります。なお、今まで表情豊かで顔の筋肉を駆使してきた方や、余剰皮膚でたるみが多い方に出やすい副作用のため、特に高齢者の方は要注意です。また、人によっては眉間が押し広げられるなどの症状が出ますので、人相が大きく異なる結果となってしまいます。また、ボトックス注射の効果は施術後半年ほど継続するため、副作用も同様に半年ほど継続し、修正のための治療はたいへん困難なものとなります。はっきり言えば、経過を観察しながらボトックスの効果が消えるのを待つしかありません。この様な副作用を避けるため、施術前に注入単位や部位について詳しい説明を受け、充分納得した上で受けるようにしましょう。顔は、どんなトラブルを抱えても衣服などで覆い隠すことができない部分です。シワやたるみなどは人の目から気になりますが、誤った治療で別のトラブルを生じないよう、充分なカウンセリングを受ける事は重要な事です。少しでも気になる点があれば、そのままにせず必ず医師に質問して解消しておきましょう。同時に、インターネット等を利用して自分でも情報収集と取捨選択に努め、カウンセリングの際には医師に質問できる程度までになっておくと、たいへん心強いです。ボトックスは施術をする医師によって結果の違いが比較的大きく出る傾向があり、副作用にも同じ事が言えます。また、副作用には注射部の痛みや腫れ、内出血などの他、熱っぽさを感じたり異物を注入したりすることによるアレルギー反応もありますので、そのような内容もカウンセリング時に充分話をしておく必要があります。更に、白血球や血小板の減少など、血液に関する副作用も稀に生じますので、単純な美容外科治療だとは思わず、内科的な既往歴なども正確に申告しておく必要があります。中でも一番注意が必要なのは、妊娠中には治療を受ける事を避けることです。治療とはいえ、食中毒菌の毒素の影響を受けるため、胎児に悪影響を与えることは容易に想像できます。